1番好きなクリスマス

スポンサーリンク

オット+長女4才+次女2才
……郊外にポツンと建った安普請のマンション(with 貧乏)

mytree_l頑張って(無理して)郊外にマンションを買い、のんびり貧しく暮らした20台後半のクリスマスの話。同じような暮らしむきのマンション仲間達とクリスマスケーキをどうするか、悩んだものです。当時(1981年)、2000円でバタークリーム(生クリームのは高くて)のクリスマスケーキが買えたのですが、その2000円に悩みに悩んだ(書いていて、いじらしくなっちゃうなー)。そんな年のクリスマスです、私の心に最も残っているのは……。

その年のクリスマスは秋から始まりました。12月までに24コ確保する予定で、トイレットぺーバーの芯を集めはじめたのです。タダで数多く同じカタチを、と考えると他に思い当たらなかったから。11月30日の夜、その芯に12月24日までの日にちを書き入れ、糸を通し壁に吊しました。芯の中には秘密の言葉が書かれたメモが貼り付けてあり、翌朝から子どもたちはその日の芯を取って開け始めます。

メモには例えば、「お布団の間にヒントがあるよ」と書いてあり、子ども達は布団の中を探し回ります。見つけ出したメモには「今日のプレゼントは机の2番目の引き出しに」……なんて感じ。ヒントが5回もありなかなかプレゼントにたどり着けない日は、キャーキャーゲラゲラ朝から大騒ぎです。プレゼントは、やはり秋頃から集め始めた小さなおもちゃや実家で見つけた何でもない、でもちょっと特別な感じのもの。1度だけ、日曜日のプレゼントにポチ袋に入れた100円というのも。それが子ども達の初めての買い物になりました。子ども達はまだ字が読めず、だからメモは私が代読したのだけれど、このお遊びを心から楽しみました。

クリスマスツリーも手作りです。ステキだな-と思うツリーは分不相応で……。で、我流で作ったクリスマスツリーが意外にも受け、今は次女宅の12月を賑わあせています。土色のコールテン生地にツリーを模したグリーンのキルティングのツリー。ツリーの中にはパンヤを入れ、厚みを出しています。壁掛け式だから場所を取らず、そこそこの大きさもあり、雰囲気が出ます。安全ピンなどで簡単に飾り付けが出来るので、手作り、市販品織り交ぜて賑やかなツリーの出来上がり。

クリスマスケーキも結局、手作り。悩んで買うより、キッパリ諦めてその分楽しもうと。それまでスポンジを焼いたことがなかったので、それも気が重く、考えた末が、ホットケーキ6枚重ね特別バージョン。ホットケーキの間に生クリームを入れ、全体も生クリームで覆う。生クリームは子ども達の役目だからもう大はしゃぎ。時々、生クリームを舐めたり、天辺に小山を作ったり……。仕上げはマーブルチョコでデコレーション。愉快なクリスマスケーキの出来上がりでした。

スポンサーリンク

手作り誕生日ケーキ

  1. バースデーケーキ かぶと

    12才男の子の誕生パーティー 家族全員集合

  2. パパへの誕生日ケーキ

    9才がパパに作った誕生日ケーキ

  3. ミーのバースデーケーキ

    9才女の子の誕生会

  4. 宇宙ケーキ

    11才男の子の誕生日

  5. 8才女の子の誕生日

    8才の誕生日会&プレゼント(女の子)

  6. 10才の誕生日 サッカーケーキ

    10才男の子の誕生日ディナー&プレゼント

ページ上部へ戻る