2・3才の絵本文章を理解し、聞き取ったり話したりするこの時期。絵本への興味も一段と増す頃ですね。

好みもはっきりしてきて、読む方の楽しさも大きくなります。そんな時期に「これは!」という一冊をプレゼント。かわいいだけ、優しいだけじゃない絵本を贈りたいですね。

ふんふんなんだかいいにおい」のように、筋があり、ユーモアの中に悲しさと優しさも散りばめられた絵本など、絵柄や色彩の魅力から1歩進んだ本読みが楽しくなるでしょう。

声色を使ったり、大げさな表現をしたり…読み手の熱意が子どもを何倍も楽しませるので、頑張りどころでもあります。

おすすめの記事