飛び出す絵本買い与えたり、図書館で借りたり……、絵本は子供の最高の友達です。大人にとっても素晴らしく楽しい時間。静かにゆったりと出来るだけ沢山の本を読んでやりたいですね。

子育て真っ最中の頃を思い出すと、子どもと関わった何割かは絵本を読む時間だった気がします。「まりーちゃんとひつじ」や「あかたろうの1.2.3の3.4.5」など今でもそらで言えそうな本もあります。思い出深いのは「フランダースの犬」。後半になるとどうしてもポロポロ涙が流れてしまい、涙声で読み進むと子ども達もオイオイ泣きだし、それでも最後まで読み終わり3人で抱き合ったりしたものです。

子育て中の私には、ネロの死は耐え難いものでした。あんな小さな子が……と思っていたのですが、後に15歳と知り驚きました。そんなしんみりと本を楽しむのもとても素敵な事ですが、誕生日のプレゼントに本を、と思った時はちょっと趣向を変えてみるのもいいかもしれません。

贈る相手の子供をよく知らない場合はなおさら。本の楽しさ+サプライズで勝負デス。しかけ絵本や飛び出す絵本など、絵や物語の良さに加え、ちょっとした驚きと笑いをプレゼント出来たら素敵です。

スポンサーリンク
おすすめの記事
子どもを海外旅行に連れて行く
誕生日のアイデア
子どもを連れて、海外に出かけるのは大変。見ている時には大喜びの子どもも、実際に飛行機の中で長時間を過ごすのは苦痛でしかないみたい。絵本もある...
9才女の子の誕生会
誕生日の料理とケーキ
孫娘の9回目の誕生日。献立は例年通り、本人のリクエストを考慮し母親(我が娘)が決め、その献立を聞いてから私も被らない料理を少し作る(持って行...
素晴らしきレゴの世界
プレゼントのアイデア
組み合わせを楽しむブロックの中で、レゴブロックの精度は突出していると思います。大人も夢中になるほど。 スケールの大きいモノや完成度の高いモノ...