子供の誕生日アイテムがたくさんチェック

小学生の孫へ、誕生日プレゼントは「オービィ横浜」

私はモノよりコトをプレゼントするのが好きなので、誕生日やクリスマスには近くて(目的地が遠いとお互いに負担)、楽しい場所(ネット検索しまくり)を探して連れて行きます。

オービィ横浜

先月、小4男子と小2女子の孫に「オービィ横浜」行きをプレゼント(遅いクリスマスプレゼント)しました。

近場(東京近郊)の施設を検索するまで全然知りませんでしたが、規模といい、アクセス(みなとみらい駅上)といい、孫とジジ・ババのグループには最高によい条件です。

【目次】タップで移動

「オービィ横浜」の魅力

オービィ横浜

大自然の多様なシーンを(デジタルを駆使して)体感できる、そんな感じの施設です。

自然や動物のコトをある程度知っていて、デジタル処理される結果も充分楽しめる年の孫たちに丁度よく、とても楽しそうでした。

ジジ・ババ組も結構楽しめました。

アニマルペディア
アニマルペディア
シマウマになった私たち

私のボロい写真だと雰囲気が伝わらないかも?

セガが企画開発する大自然や動物たちの世界を五感で楽しむエンタテインメント体験です。

都会では、滅多に味わうことができない非日常のネイチャー体験がオービィの特徴です。

オービィ横浜公式サイトより
クイズに挑戦
不思議な物体
魚たちと遊ぶ
プレイグラウンド

チケット購入

チケット購入は(お得な)毎売り券にしました。

料金ホームページの「料金案内」の中程「前売りチケット」の「ローチケ.comからのご購入」バナーをクリックして進まないと「お得」な料金が表示されません。

【パスポート(入館料+フリーパス)】前売り料金
(2020.5.11現在)

  • 大人 2,400円
  • 中人(中学・高校生) 1,800円
  • 小人(小学生) 1,600円
  • 幼児(4歳以上) 1,200円
  • シニア(60歳以上) 1,800円
  • ※3歳以下無料

チケットは日にちではなく、期間を指定したモノなのでとっても気がラク(私たちのは、2015.1.2~2015.1.31)。

決行予定日に不調なんて子どもにはありがちですからねー。

ただ、オンライン予約の際クレジットカードで決済しても、ローソンかミニストップのLoppi端末で発券しなくてはいけないのでちょっと面倒かもしれません。

それから、館内のアナウンスで知ったのですが、通常のチケットで入場後、それを年間パスポートに切り替えるコトができるそうです。

何度も訪れそうなら超お得です。あと1回で元が取れますから。

但し、ホームページにはその記載がないので、私たちが行った日だけの案内かもしれません。

サービスの最新情報を公式サイトでご確認ください!

バースデーサービス

以前には無かった「バースデーサービス」というスペシャルサービスがあります。

サービス対象期間がお誕生日の前後3日というのが厳しいですが、もし運良くその期間に行く事が出来れば、下記の嬉しいサービスが受けられます。

  1. オービィ横浜オリジナルの「バースデーサンバイザー」のプレゼント
  2. バースデーシールのプレゼント
  3. ショップのグッズ20%OFF(※一部対象外あり)
  4. フードカウンターにて1ドリンクサービスとバースデー・プチデザートをプレゼント
  5. フォトダイアリー シングル写真50%OFF

※当日、チケット購入時にスタッフへお誕生日が証明できるもの(運転免許証、保険証など)をご提示。

入場

入り口でリストバンドを渡されます。

このリストバンドを読み取り機にタッチするコトでシアターやそれぞれのエキシビションへの入場、館内で撮った写真(楽しいのがいろいろあるんです)との関連などを管理しています。

子ども達はリストバンドがとても嬉しくて、「持って帰りたいなー」なんて(リストバンドに反応するモノが家にはないんだけど…)。

あとは自由に館内を歩きます。

仕掛けがたくさんあるので、行きつ戻りつ子ども達は楽しみました。

シアターやエキシビション、その他

シアターでは「マジック・オブ・イエローストーン」と「ザ・ミーアキャット」の2タイトル。

ものすごく大きなスクリーンに写し出される自然や動物は大迫力。

座席は入場してから自由に選べます(年間パスポートを持っている人が先に案内されます)。

前と後ろ、両方試してみましたが、それぞれいい感じでした。

12コのエキシビションは、時間制で特別な部屋で体験できるモノや、フロアーに設置されていてすぐ遊べるモノがあります。

のんびり遊んだり、ワクワクその時を待ったり…なかなかバランスも良かったです。

時間制で楽しむのは、マウンテンゴリラの生態を3D(+ちょっとした仕掛けも)で見る、アフリカゾウの群れと旅をする、-15℃を体感するなどで、それぞれ面白かったです。

いつでも自由に遊べるモノの中で孫たちが1番ハマったのは「エクストリーム フォトスポット」。

思い思いのポーズで写真を撮ると、数十秒で動物や大自然と合成し、とんでもなく楽しい写真を作ってくれるのです。

合成写真のためのポーズ
写真の中で冒険
写真の中で冒険

オービィ横浜のランチ

孫たちはやっぱりオービィ横浜の名物「ブルーバーガー」(470円)。

小振りですがパンはフワフワ独特の食感で、中はカリカリのチキン竜田風。

予想以上に美味しかったです(孫に1口もらっただけですが)。

ブルーバーガーを渡された時「水色や緑色は着色料ではなく、海藻などから抽出した色素なのでご安心ください」とスタッフのコメントが付きました。それにしても良くできています。

私はファンではないけれど、ものは試しと速水もこみちさんプロデュースの1プレート「MOCOカフェめし」(1500円)を注文。美味しかったです。

カフェ
地球丸かじりブルーバーガー
速水もこみちさんプロデュースのランチ

まとめ

当日が込んでいなかったコトもあり、ゆったりと思う存分すべてのモノを楽しめました。

珍しい体験をし、迫力のある映像に浸り、デジタルの仕掛けにビックリ仰天している子ども達でした。オススメです!!!

エキシビジョンなど、現在は内容が大きく変わっているようです。

バージョンアップされたオービィ横浜の今を(残念ながら)知りませんが、公式サイトからはワクワク感が伝わってきます。

よかったらシェアしてね!
【目次】タップで移動
閉じる