スパリゾートハワイアンズは子供天国 楽しいプールと…

子供を丸一日楽しませるのに絶好の場所、スパリゾートハワイアンズを紹介します。

実際に行ってみるまでは期待も小さく、ハワイに行けないので近場で我慢しよう…くらいの気持ちでした。

が、行ってみたら、これが何と結構な楽しさで…。

着いた瞬間からリゾート感たっぷり。

宿泊客がアロハやムームーを着ているせいか、日本語が通じる(&日本的な)小さなハワイという感じです。

プールは楽しさを詰め込んだような、子供の天国でした(大人も極楽)。

スパリゾートハワイアンズ

あちらのプール、こちらのプールと目移りするけれど、それ以外にもいろいろ楽しげなモノが揃っていました。

タップできる目次

行ってよかった~、ハワイアンズ!

5つのテーマパークに温泉、フラガール・ファイヤーナイフダンサーのポリネシアンショー、レストラン、ショップ、宿泊…と正に日本のハワイ!

日本語で(笑)、存分に楽しめる常夏のリゾート施設です。

雨が降っても、雪が降っても、家族が多くても、全然OKなのがステキ!

子供達を楽しませる条件がすべて揃っています。

というコトは、親がラク(というか、親も楽しめる)!

私が行ったのは7月なので気温の心配はしなかったけれど、「ハワイアンズの気温は、年間を通して28度に設定をしております。」と公式サイトに書いてあるので、冬場も全然大丈夫ですねー。

というか、それなら冬に行きたい! 凍えた体を温泉で溶かしたいですよ。

スパリゾートハワイアンズ
【公式】スパリゾートハワイアンズ »

交通案内ページはこちら »
車、高速バス、電車に加え、飛行機の案内も…。
全国が注目するリゾート施設なんですねー。

日帰りでハワイアンズを楽しむ

知りたいコトが全部書いてあるページ
日帰りのお客さま »

スパリゾートハワイアンズ入場料(税込)

中学生以上 小学生 3歳~
3,500円 2,200円 1,600円

ウォータースライダー利用料(税込)

いろいろ細かい料金設定がありますが、料金を気にせず子供を思う存分遊ばせるには…

ワンダーブラック・ワンダーリバー・ワンダーホルン3種共通1日券の2,300円(税込)が結局は安上がりじゃないかしら?

※ビッグアロハは別料金で、3種共通券にBIG☆ALOHAは含まれません。

スパリゾートハワイアンズ

スパハワイアンズのウォーターパークは子供の天国

楽しさを演出するいろいろなプール

リゾート感いっぱいの丸みを帯びた大きなプール、ゆったり流れるプール、小さい子向きのプールなど…どこから遊ぼうかと迷ってしまいそう。

ホント、プールが(競泳プールのように)四角くないというだけで、体が緩みそうな感じ。

流れるアクアリウムプールは、「南国の魚たちとの海中散歩」がコンセプトで、実際そんな感じに出来上がっていました。

プールの中に埋め込まれた水槽で泳ぐ魚たち。何という非日常!

アクアリウムプール
ハワイアンズのプール

ハワイアンズのプール

ハワイアンズのプール

大プールの周りは、ハワイの茂み?と思うような場所があったり、小腹が空いた時に簡単に利用できるハワイ屋台風の食べ物屋があったり…とにかく楽しさを中断することなく、遊び続けられる構造のよう。

ハワイアンズ

水着を忘れても大丈夫! レンタルも販売所もあります。

例えば、水着バスタオルセット(水着+バスタオル+浴用タオル)で1,250円。

子供用や水着だけ…など色々なセットが用意されています。

無料の休憩所もある

プール脇の建物には無料の休憩所があります。

小さな兄妹がいたりすると、ずっとプールで過ごすワケにもいかないので、休憩所が無料で近いのは有り難いですよね。

3階には有料の個室休憩所があります。

室料は8000円~(最も安い時期の1番小さな個室)。

日帰りで赤ちゃんがいたり、子供が多い場合は予約しておくとラクかもしれません。

ちなみに無料休憩所の並びには、フラ・ミュージアムがあってハワイアンズの歴史的背景や物語をパネルや写真、動画で知ることができます。

映画「フラガール」を知る世代は、とても楽しめます。

子供もフラダンス満喫

ハワイアンズの名に恥じないポリネシアンショーは素晴らしい!

ハワイアンズのフラダンス

ポリネシアの地域ごとに違う衣装・踊りで目を楽しませてくれます。

一緒に行ったハワイ通が、踊りのレベルも大したモノだ!と感心していました。

ポリネシアン・サンライトカーニバル »

ファイアーダンスを生で見られるなんて…!

強烈すぎてドキドキ、ハラハラびっくりするくらい楽しんでいる自分に驚きました(笑)。

野生の血が騒ぎますねー。

最後は観客から有志をつのって、フラダンスのレッスン。

大人も子供のたくさん参加していました。

こんな時に勇気が沸かない私は、今ものすごく残念無念の境地。

ハワイアンズでフラダンス体験

お泊まりでハワイアンズを楽しむ

あまりに楽しい場所なので、お泊まりして1泊2日で遊べたら最高。

ホテル情報 »

ハワイアンズには、ホテルハワイアンズ、モノリスタワー、ウイルポート、やすらぎ亭、クレスト館の5つの公式ホテルがあります。

宿泊客にはムームーとアロハの部屋着が用意されています。

それが館内パスポート!

着用していれば、プールでも温泉でもフリーパスで通れます。(着用しない場合は、宿泊客であることを証明するカードを携帯する仕組み)

ハワイアンズのホテル泊で最もステキなサービスは、無料の送迎バス(笑)。

最寄り駅じゃないですよ、首都圏10ヶ所からホテルの玄関前までの直行便。

首都圏からだと電車でも車でも1万円前後かかる交通費が無料(ラッキー!)。

宿泊代だけが必要というのは、割安な旅行と言えますよね~。

ご飯も美味しい

ホテルハワイアンズの夕食バイキングは良かったです。

豪華な食材はなかったですが、味付けがとても良くて…。

天ぷらなどは随時揚げ立てが提供されていますし、中華料理も湯気を立てていて、味もバッチリ。

バイキングスタイルにあまり良い印象がない私ですが、ここの料理は美味しくて満足!

ホテルハワイアンズ

プール周りの屋台風のお店は、ちょっとだけ観光地価格(怒りたくなるほどではありません)。

ポリネシアンショーの舞台近くの野菜カレーを食べましたが、すごく美味しかったですよ。

1日目の昼食で食べた与一のお蕎麦にはちょっと感激。

観光地のお蕎麦がこんなにちゃんとしているなんて…。

蕎麦も汁も申し分ないお味でした。オススメ!

江戸情緒たっぷりの店構えが絵的にも嬉しかったです。

散々遊んで食べて…帰りは無料送迎バスの中でお昼寝。

ホント気楽~! これぞバカンスって感じ。

スパハワイアンズ

ちなみに、与一の左右には洗い場のない入るだけの温泉「大露天風呂 江戸情話与市」があります。

低温でやさしいお湯。いつまでも入っていたくなるタイプの温泉です。

そして夜になると、江戸のお座敷遊びの風景を障子越しに「影芝居」で見ることができます。

ここはいわき湯本温泉の豊富な湧出量を背景にスパもプールもあるリゾート施設。

お湯が良いのは当たり前。

お湯に浸り、プールで遊び、食べて休んで…、老若男女すべてが楽しめるのが本当にステキ。

また、行きたいわ~ぁ!!!

タップできる目次
閉じる