Amazonクリスマスおもちゃ特集
おすすめ&ランキングチェック

【1歳の誕生日祝い】祖父母・親戚・友人など金額の相場

迷うことの多いお祝いの金額。出産祝いの次は1歳の誕生日、品物にしても現金にしても悩みますねぇ。

この記事は、お祝い金の相場や現金以外のお祝いの相場(プレゼントの値段)について紹介しています。

1歳の誕生日祝い

子供のお祝いごとにはお金(祝い金)がつきものです。

特に出産と1歳(最初)の誕生日は、のし袋の中身で悩みます

とは言え、喜ばしい出費なので気持ちのよい金額にしたいですね。

で、気持ちのよい金額って…?

【目次】タップで移動

一般的な1歳のお祝い金相場

あくまでも相場。決まりではないので、無視しても全く問題ないです。

むしろ、独自の考えでこの先も続くかもしれないお祝い騒動の方針を決めるのも素敵なことだと思います。

相場は地域などでも大きな差があります。言ってみれば、あってないようなもの。

でもそれでは紹介できないので、ネット検索で20サイトほどチェックし、統計をとりました。

(全く同じ金額が並んでいる場合は発信元が同じと判断して1つにカウント)

間柄お祝い金の相場
祖父母10,000~20,000円
叔父・叔母5,000~10,000円
友人2,000円~5,000円(品物)

つまり、紹介する「相場」はネットに発信された情報の平均値的な意味合いです。

祖父母から孫への祝い金相場

祖父母からのお祝い金 10,000~20,000円

圧倒的にこの金額でした。

出産祝いとは違い、これから毎年続く誕生日ですから、大それた額は出せませんよね。

それでも最初の誕生日ということで、以降の誕生日より少々大き目の額になっている感じです。

のし袋の中は控えめにして、おもちゃやスイーツ、ママ&パパへの手土産…など祝う気持ちを分散するという方法もあります。

お祝いの中身と同じくらい大事なのが気持ちを表すメッセージ
これを忘れちゃダメだわ。

同じ立場のババとしては、追加はいつでもできるけれど減らすことはできない!を肝に銘じています(笑)。

あとでちょっと控えすぎたかなぁ~と思ったら、ご馳走するとかママにお小遣いをあげるとか…。

ただ孫が1人ではない場合は要注意!

孫が2人以上いるなら(家族の平和のために)必ず全員平等にお祝いしてあげましょう。

秘密のお祝いはきっとバレる、そしてイヤな空気がなられ始めるかも…?

2歳以降はこの半分という感じでしょうか。

叔父・叔母から贈るお祝いの相場

叔父・叔母らのお祝い相場 5,000~10,000円

甥や姪の1歳の誕生日ってお祝いしなくちゃダメ?と思っていますか。

全然ダメじゃないです。

お祝いをするかどうかは、子供の親たち、つまり兄弟姉妹との付き合い方次第ですから…。

普段親しくしているなら、当然誕生日の話も出ますし、何かしてあげたいって気持ちに自然になりますよね。

そんな時、どれくらい&何を贈る?と考えた時の目安の金額です。

またお互いさまで相手の負担になりそうなら誕生日の時期を避け、あえて別の機会に小さな贈りものをするなど、儀礼的にならないようにした方が良いかもしれませんね。

兄弟姉妹の間で現金入りののし袋を渡すのも、何だかしっくりこないかもしれません。

そんな時はそれに代わる、でも必ず役に立つ現金モドキが良いと思います。

甥・姪に贈る失敗のない贈りもの

もっとも使いやすいのがAmazonギフト券かもしれません。

贈る時も簡単ですし、購入ボタンを押して5分くらいで相手に届きます。

友人から贈るプレゼントの相場

友人からのプレゼント相場 2,000円~5,000円

この額が最も多かったです。

中には1,000~10,000円なんて…、これじゃ全く参考にならないですよね。

友人の子供の誕生日に何か贈るというのは、親ととても親しい関係にあると想像できます。

でも、出産祝いのような大きな贈り方だと相手に負担をかけるかもしれません。

お互いさまという状況になりがちですし…。

友人の場合はアイデア勝負じゃないでしょうか?

  • シャレたデザインの子供用品
  • 定番のおもちゃ
  • 子供ではなく友人に労いを込めた品
  • 手に入りにくいスイーツ

贈る方に子育て経験がないなら、子供のモノにこだわらず、新米ママを労うプレゼントが良いかも?

「何が必要かわからないから、美味しいスイーツでエネルギーをチャージして~」と伝えれば、祝う気持ちは充分伝わり、かつ(ちょっとつかれているかもしれない)新米ママに嬉しさを運ぶと思います。

手渡しなら、現金+…

現金の入ったのし袋を「はい、お祝い!」って渡すのは、何だか寂しい感じがしますね。

現金書留で送るような場合は仕方ないですが、手渡しならお金だけでなく小さな何かを添えるとよりお祝いの気持ちが伝わる気がします。

可愛いスタイ(よだれかけ)や絵本、タオルや靴下などでも現金だけよりずっと贈りものの感じがします。

私は誕生日プレゼントに限らず、お祝いを渡す時は小さな贈りものを「おめでとう!これお祝い」と渡し、「こっちはオマケね」と言って現金の入った袋を渡します。

笑いを誘い、ついでに相手を気楽にする方便です。

現金袋は、シャレのわからないタイプならのし袋に入れますが、大抵は受けねらいで愉快な封筒などに一言添えて渡します。

お祝いを届ける三大要素は

  1. プレゼント
  2. 言葉(メッセージ)
  3. 笑い

と思います。

2歳以降もお祝いは続く

1歳の誕生日の次は2歳の誕生日(笑)。

誕生日はずっと続きますねぇ~。

最初(1歳)の誕生日とそれ以降は別ものと考えるか、ずっと同じと考えるか…? 難しいところです。

2歳以降の祖父母からのお祝い

1歳の誕生日プレゼントを張り切り過ぎて、あとで脱力しないように!と思います。

最初から、誕生日はずっと続くと思って何歳でも同じスタンスで祝ってあげると気が楽かもしれません。

孫を事あるごとに祝ってあげようとすると、もう際限がないです。お財布が泣きます。

子供の日、七五三、入園・卒園…エンドレスです。

それを想定して、地味目に祝い、ときどき親たちを労うくらいの贈りものが気楽です。

1番大事なのは(祖父母の場合)お祝いは贈るけど、口を出さない!です。

親たちは今の時代にあったやり方で思うように子育て中。

いろんな育て方があります。

少し違うと思っても、温かい目で見守りましょう。そうしていれば、困った時に頼られます。

困った時に内緒にされるような祖父母にならないよう気をつけましょう(私への戒め)。


にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ
にほんブログ村 「子育てブログ」のランキングに参加中!★応援クリックありがとうございます★
よかったらシェアしてね!
【目次】タップで移動
閉じる