子供の誕生日が気候のよい時期なら、公園で誕生会をするのも楽しいと思います。
お弁当などの用意は必要かもしれませんが、それ以外は自宅でする誕生会よりずっと気楽です。

公園パーティー

子供の誕生会を公園で

家が狭くてお友達の人数に頭を悩ますコトもないし、料理も普段のお弁当を沢山作ればいいし。
お弁当だって、全部作らなくても今は美味しいモノがたくさん売られています。

子供の好物を少し作ってあとは市販品でも。
いや、全部コンビニで調達しても子供たちは全然気にしないと思います。

公園で半日遊ぶ!それがメインですから…。
料理作りに疲れるより、ランチになるモノを買って体力温存。
力一杯子供たちと遊んだ方が喜ばれるかもしれません。

走って、食べて、笑って……、公園で解散。
家に戻ったら、余韻を残した子どもに生まれた時の話や、赤ちゃんだった時の様子を伝え、ゆっくりとバースデーケーキを食べましょう。

関東の大きな公園

Loading map...

Loading

公園誕生パーティの献立例

【その1】
●サンドイッチ…オープンサンドイッチがパーティっぽいかも? 手間も省けるし
●ミートローフ(食べる時、みんなの前で切り分ける=豪華感倍増)、
●ゆで卵、キュウリやトマトなどパンに合う生野菜、ハム、チーズ、
●各種ジャム、生クリーム(市販されているホイップした生クリームが便利)
●くだもの多種類

【その2】
●おにぎり…バラエティに富んだ中身または栗ご飯や赤飯のおにぎり
●唐揚げ(市販品や冷凍食品でも)
●串差しのウィンナー・うずら卵・つくね
●卵焼きまたはゆで卵
●生ハムかスモークサーモンと緑の野菜のマリネ
●くだもの多種類

【その3】
●いなり寿司・五目寿司(が嫌いな子もいるので、カッパ巻きなども)
●ウィンナー入り卵焼き
●野菜の肉巻きロール
●海老フライ(前日に衣漬け)
●くだもの多種類

【その4】
●ケンタッキーかモスバーガーで買い出し
●飲み物持参(かなりの量、必要になると思うので)
●デザートに手作りフルーツケーキなど用意すれば、一気に手作り感が得られるかも。
●くだもの多種類

【その5】
●フランスパンまたは食パン
●ジャム多数
●スーパーの惣菜
●くだもの多種類

【その6】
休憩を兼ねてレストランにゴー!

重要なのは、準備で親が疲れすぎない事。
1番大事なのは、公園で子供やその友達と思いっきり遊ぶ事だから。

お弁当作りのヒント

★伊藤ハム
★レシピ大百科(味の素)
★ホームクッキング(キッコーマン)