クリスマスを楽しもう!
2017年クリスマスイベント&イルミネーション
クリスマスの料理
スポンサーリンク

早い子供だと、4、5才から字を書き始めます。人生において画期的な出来事です。最初のつたない字がだんだんと整ってきて、マス目に収まる頃には小学生。親にとっても喜びの時です。

交換日記写真で成長を記録するように、字や文章の進化を記録するのも楽しいと思います。落書きしたメモや紙を整理するのもいいですが、字を書き始めた記念に親との交換日記を開始するのはどうでしょう。

最初は「いぬ」の2文字でも、親は「○○ちゃん だいすき」とか「まま も いぬ が すき です」と返事してあげれば、そのうちだんだんと言葉を繋いでいくようになるでしょう。

強制せず、でもママかパパは必ず書く、という風にすれば、読む楽しみを知ったお子さんが自然に文字を残すようになると思います。

字形の成長、単語を繋いだ文章の成長、もしかしたら書かれている内容から心の成長までも見る事ができるかもしれません。

ただ、「お勉強」にならないよう注意することは必要かもしれません。窮屈な習慣はとても辛いので…。親がとっても楽しんでいる様子と、書いても書かなくても良いんだよというメッセージをお忘れなく。

ちょっとしたコツとして、交換日記の置き場所はリビングのテーブルの上なんていう安直な場所ではなく、ちょっと特別な場所にするのが良いです。書く時は食卓でもテーブルでも良いけれど、書き終わった日記が特別の場所に置かれているというシチュエーションが子供の気持ちを刺激します。

もし長く続いたら、家族の何よりの宝物になりますね。

 

スポンサーリンク
関連キーワード
おすすめの記事
親も一緒に探検ごっこ
誕生日のプレゼント
アウトドア派なら、子どもを小さな探検の世界に連れ出すのはどうでしょう? 特別の場所に連れて行くのでもなく、重装備が必要なわけでもありません。...
友だちも一緒に公園パーティー
誕生日のアイデア
気候のよい時期なら、招待したお友達と一緒に公園へ行こう。シートを敷いてお弁当を広げれば、それだけで笑いが弾ける。 家が狭くてお友達の人数に頭...