孫娘が12歳になりました。
誕生日当日、例年通り家族で誕生会をやりました。

上の記事にも書きましたが、私が贈ったプレゼントは「洋服購入券」3枚です。

洋服購入券

12歳の女の子にとって「好きな服を買ってもらえる権利」は相当に嬉しかったようで、もう頭の中でラインナップを考えているようす。

このアイデアを思いついた時は、私も膝を打ちました。
私はプレゼントを考えなくていい、親たちは助かる、本人は超嬉しい…。
無駄もないし、本人の気持ち次第では長く楽しむ事も可能。

ただ、どんな形で渡すかが問題でした。
ユニクロのカードなども思い浮かびましたが、それじゃブランドと金額を制約してしまって、何でもOKの洋服購入券ではなくなります。
仕方ないので、不器用な私が手作りする事に…。

リウマチで手や指が自由に動かないので、本当に稚拙な出来ですが、何とか出来ました。
飛び出すカードの1番簡単なやり方です。

厚紙を洋服型に切り抜き「洋服購入券 有効期限 2019.12.15」と書き入れた紙を飛び出す部分に貼っただけです。
(リウマチの手で書くのに苦労しました。もっと大きなカードにすれば良かったッ)

作ってみれば、これが何だか愉快な出来栄えで…。
ヘタでも何でもやっぱりオリジナルはいい味出している…なんて自画自賛の作です。

この洋服購入券、我が手に戻って来るのはいつかしら?
「値段の制限なし」と伝えてあるので、私のお財布からいくら消えていくのでしょうか?
と思うと、なかなか勇気のいる誕生日プレゼントです(そこまで考えなかった~)。

有効期限は、次の誕生日の前日まで。
多分、1ヶ月もしないうちに使い切ると思うますが(笑)。

と思っていたのに、なかなか買ったという報告が来ませんでした。
そして、2ヶ月後の先週やっと「あの券で買いました。」とLINEで知らせが。
買った洋服を着た自分とレシートの写真が送られてきました。

何と、ユニクロ!
パタゴニアのフリースとか言われたら、もう2度とこのプレゼントはなし!と思うところですが、ユニクロ!
可愛すぎる。控えめすぎる。
でも孫娘は嬉しくて嬉しくて…な様子。

贅沢でないというだけで、良い子のような気がしてきました。(笑)
次の誕生日プレゼントもこの手で行こう…と思っている祖母です。

おすすめの記事